事務職でも全てに仕事は現場から<事務>

社訓

事務職でも全てに仕事は現場から<事務>

建設業の事務の仕事とは、現場監督とは違い、会社全体を支えるサポート的な立場の仕事になります。

入出金・請求業務等の経理と社会保険手続き等の総務の役割を兼ね備えた仕事内容にやりがいを感じます。

また、仕事を通じて多くの知識を学ぶ事ができ自己のスキルアップにも繋がります。

<自己活動計画>

年度ごとに自己の活動計画を立案し、日々の業務を遂行する。

自己のスキルアップや業務フローの改善により職場環境が整備できた際は、自分自身の成長を感じることができ、仕事に対するモチベーションの維持にも繋がります。

 

<現場監督と原価管理の徹底>

各現場の月締め原価集計後、各現場監督とヒアリングを行い計画した予算通りに進捗しているか、追加受注が見込めるか等の情報共有行い原価管理の徹底をしています。

また、現場監督とのコミュニケーションの役割も担っています。